保険無料相談サービス

病気や怪我で休職しても安心の内容

日立キャピタル損害は病気や怪我で就業できなくなったり、休職せざるを得なくなった時にサポートしてくれる内容です。

 

誰しも、いつどこで事故に遭うかわかりませんし突然病気になるかもしれません。

 

そのような状況に陥いると生活は不安定になりますし、家族がいれば更に大変な状況になってしまいます。

 

そのような不安に対処してくれるのが同社のGLTD(法人向け団体長期障害所得補償)とリビングエール(個人向け長期就業不能所得補償)です。

 

法人向けのGLTDは企業に所属する従業員が対象となり代表者が加入をします。

 

従業員が病気や怪我で身体障害になってしまい、その結果業務に支障が出る場合には5年間もしくは定年退職まで支払うことができます。

 

オプションを付ければ、うつ病などの精神的な病にも対応してくれます。

 

休職中は職場復帰ができるかどうか不安になりますし、金銭的な事情も絡んで怪我や病気にかかっても無理をして復帰しようとする方がいますが、完治していないと再発をしてしまうリスクがあるので少し長くなっても完治させることが必要です。

 

しかし休職中の公的な支援だけでは生活は厳しいのが現状です。

 

なんぜなら医療費や治療費がかかるので公的な援助だけでは金銭的に不十分だからです。

 

GLTDやリビングエールに加入していることで不足する収入も十分に補うことができますので安心して働くことができ、万が一の場合にも心労が軽減される内容になっています。

 

【その他の保険サイト】
■火災保険の相場ガイド!
火災保険の相場に関する情報や基本知識など豊富に掲載された情報サイトです。
これから火災保険に加入したい人や、見直したい人は必見です!
>>火災保険の相場ガイドはこちら